週刊金曜日 2016年 9/9 号 甲状腺がんを追え! 東京電力福島原発公害

 ※紙媒体と電子書籍Kindle版があります。ご購入される際には十分ご注意下さい。

週刊金曜日 2016年 9/9 号 [雑誌]

週刊金曜日 2016年 9/9 号 [雑誌]

 

┣■『チェルノブイリ原発事故』では確かに異常な数の「甲状腺ガン」を発症する若者が増えたと言えそうです。支援は十分ではないが国もそれを認めてる? 『福島原発事故』の場合では「一般的な発症数」を持ち出して、国はとにかくうやむやにしようとしてますよね・・・ それでいてロクに議論もされないまま「廃炉処理」の負担を全国民に負担させようとしています。もう「テメエら人間じゃねぇ!」の世界に入り込んでますよ。(苦) 2020年までに『爆弾テロ』が【日本】でも頻発するような気がしてなりません。人混む場所へ出掛けなければならない時には用心しないといけません。(怖) 都合の良い「予防」ばかり言われても説得力がないことに気付くべき。『原子力ムラ』ってそんなに偉いんですか? バックに【アメリカ】がいるから止められないだけ ?? 

┣■駅での『ホームドア』設置が大きく叫ばれる中、【つくばエクスプレス】では設置されていても事故が多発しているようです。職務怠慢なのか、人員不足が原因なのかはハッキリしませんが「駆け込み乗車」など乗客のマナー改善も大きく問われているように私は思いますね。航空機では先日【新千歳空港】で手荷物検査を突破した女性のせいで検査やり直しという事態が起こりましたよね。なぜ実名報道しなかったのだろう? とにかくおかしいんだよね、「罪の重さ」の基準が日本では。(怒)

┣■『ウズベキスタン大統領の死去でIS流入の危険性』が目を惹きます。もはや瓦解した感がありますが、その精神は完膚なく世界に広まってしまいました。見分けがつかないので括りが『イスラム』全体に拡大解釈されてしまっています。【フランス】サルコジ前大統領は「イスラム排除」を持ち出して政権奪取を狙っているなど政治利用されてしまう始末。「経済」を理由に代理ではない『第三次世界大戦』が起こっても何ら不思議じゃない状況下にありますね。

┣■【南スーダン】PKO部隊による『駆け付け警護より危ない宿営地の共同防衛』は私もその通りだと思います。現場の実情と法律の乖離が大き過ぎる。本来であれば派遣すべきではない話。けれど国際情勢から参加しないわけにはいかない。ならば変えろよ!という元自衛官の声もよく分かります。「武器持たず・使わずに戦えというのか」だもの。こんな中途半端なことしか決められない、今の議員を選出していることを我々国民は猛省すべきだと思います。

┗■「公務員=海外PKO派遣」を義務付ければもっと真剣な議論がされると私は考えます。「公務員=お試し要員」であるはず。『マイナンバー』導入もまず彼らで実施してデメリットと確認した上で発効すべきだったんですよ。後から「国民健康保険証」の機能なども持たせるなど中途半端なことばかり言うものだから、当初すぐに作る予定だった私も作らずにいる始末。また施策が完全に失敗してしまっていることを報じないメディアも酷い。発行当初はアレだけ報道しておきながら失敗したら触れないんだもの。政府の飼い犬か?(怒) 「吠えられない犬」など生命を全うしている感がないのに。(悲)

f:id:jnsk_jojo:20160919100513j:plain