白狸の考現家 +図書

40手前で「読書」に目覚めた遅口です。知が凝縮された「宝物」。気付くのが遅すぎました・・・

革命の季節―パレスチナの戦場から

※紙媒体と電子書籍Kindle版があります。ご購入される際には十分ご注意下さい。

www.kinokuniya.co.jp

 

内容説明
1972年テルアビブ国際空港作戦から40年。奥平剛士・安田安之・山田修・檜森孝雄・丸岡修…彼らと闘ったひたすら未熟な正義の日々は、何かを変えたのか。重信房子医療刑務所の病床で綴る、リッダ闘争から「アラブの春」まで。

 

目次
1章 1971年日本脱出
2章 アラブとの出合い
3章 映画の戦友たち
4章 リッダ闘争の時代
5章 リッダ闘争後の私たち―ドバイ闘争・第4次中東戦争
6章 ユセフ檜森のこと
7章 ニザール丸岡のこと
付章 アラブの民衆革命とリッダ闘争40年目に

 

著者等紹介
重信房子[シゲノブフサコ]
1945年9月28日東京都世田谷区生まれ。65年明治大学2部文学部史学科に入り、67年社会主義学生同盟(ブント)に加入。71年2月、奥平剛士と結婚し、日本を出国した。73年3月、娘メイを出産。2000年11月、大阪で逮捕された。10年8月、懲役20年(未決勾留日数2991日を含む)の刑が確定。現在は医療刑務所で服役している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。