元白狸の考現家 +図書

40手前で「読書」に目覚めた遅口です。知が凝縮された「宝物」。気付くのが遅すぎました・・・

手塚雄二 作品集 眩景

f:id:jnsk_jojo:20180430145529j:plain

眩景―手塚雄二作品集

眩景―手塚雄二作品集

 

 

内容紹介

日本美術院の俊英・初の画集。繊細で奥行き深い魅力の世界を味わう。 

東京芸術大学助教授・日本美術院同人である、手塚雄二は、現代の日本画画壇のなかで最も注目を集めている俊英といえよう。その繊細で奥深い色彩、伝統を踏まえながらも時として大胆な構図。いずれも明日の日本画を背負うと衆目が一致して認める才能がきらめいている。そうした手塚作品の集大成ともいえるのがこの初の画集である本書である。掲載作品200点以上、本画は元より、デッサンも数多く収録、手塚作品の魅力に迫ります。最高の印刷技術と、最適の用紙によって現在の画集として最高水準をいく画期的な刊行といえます。手塚ファンだけでなく幅広い日本画の愛好家にとって待望の書であり、将来の日本画のめざすものについて、回答となるといえる。 序文を恩師である平山郁夫画伯が執筆。

出版社からのコメント

繊細で、奥深い色彩、伝統を踏まえながらも時として大胆な構図。現代日本画の世界で、最も嘱望されている俊英、手塚雄二(東京芸術大学助教授・日本美術院同人)の全貌を伝える初の画集。初期の作品から最新作まで、本画はもとよりデッサンも含め200点以上を収録。

 

 

f:id:jnsk_jojo:20180430145541j:plain

f:id:jnsk_jojo:20180430145553j:plain

f:id:jnsk_jojo:20180430145604j:plain