元白狸の考現家 +図書

40手前で「読書」に目覚めた遅口です。知が凝縮された「宝物」。気付くのが遅すぎました・・・

やきものを愉しむ ー重要文化財 灰釉芦鷲文三耳壺と日本陶磁 5000年ー 愛知県陶磁資料館名品展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jnsk_jojo:20180430145249j:plain

碧南市藤井達吉現代美術館 | 企画展 やきものを愉しむ 愛知県陶磁資料館名品展

 

 愛知県陶磁資料館は1978年のオープン以来、やきものに関する総合博物館として発展してきました。系統だった作品の収集や陶芸史の調査研究のみならず、産業陶磁器の紹介や誰でも作陶できる設備の整備などによって、我が国最大の窯業県にふさわしい活動を続けています。5000点を超えるコレクションは古代から現代までの全ての時代にわたる日本陶磁器の歴史を語るものであり、日本のやきものが中国や朝鮮半島、西アジアをはじめとする世界の作品と地球規模の影響関係を持っていることを示すものでもあります。

 本展では愛知県陶磁資料館の全面的なご協力を得て、同館の優れたコレクションから選りすぐった72点を展観します。縄文土器・埴輪から瀬戸・常滑などを含む中世陶器、茶の湯とともに発展した桃山陶器、そして近代を経て現代までの、5000年にわたる日本陶磁史を体現する名品によって、古くから私たちの生活の身近にあったやきものを改めて愉しむことができるでしょう。

  

 

www.pref.aichi.jp

 

 

 

f:id:jnsk_jojo:20180430145301j:plain