永遠の吉本隆明[増補版]

 

永遠の吉本隆明【増補版】 (新書y)

永遠の吉本隆明【増補版】 (新書y)

 

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ安保世代、団塊の世代は彼の思想に魅せられたのか?なぜ共闘者との訣別を恐れず、「孤独」を貫きとおせたのか?彼が貫いた思想の原則とはどこからくるのか?その誠実さゆえに「代償」としてなくてはならなかったものはなにか?その思想にはどんな意義があり、私たちはなにを受け継げばよいのか?吉本思想の「世界的同時代性」は、ほんとうに理解されているのか?大いなる影響と敬意を認めつつ、新たな思想の展開を試みる著者による、二一世紀に向けたスリリングな挑戦!本書によってはじめて「戦後思想の巨人」の思想の深さを知ることができる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

橋爪/大三郎
1948年神奈川県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻教授。専門は社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

f:id:jnsk_jojo:20170930235504j:plain

f:id:jnsk_jojo:20170930235525j:plain

f:id:jnsk_jojo:20170930235552j:plain