週刊金曜日 2017年 1/20 号 どアホノミクスの末路

 ※紙媒体と電子書籍Kindle版があります。ご購入される際には十分ご注意下さい。

週刊金曜日 2017年 1/20 号 [雑誌]

週刊金曜日 2017年 1/20 号 [雑誌]

 

┣■『「トモダチ作戦」訴訟 -米国で実施か』。老いた“小泉パパ” が涙した件ですが、まあ全面敗訴・条件を呑むことになるんでしょうね。“トモダチ=米兵” 限定で。「低線量被曝」を日本政府が認めるか/認めないかの前に、「アメリカ様の言うとおり」聞くのか/聞かないのかの方をハッキリさせないとね。機上に逃げているばかりの総理大臣をまずは着席させて(縄で椅子に縛り付けて)問い質してくれる政治家が、野党または与党の中から現れることに期待したい・・・ んだよね、国民は!(怒)

┣■政治時評/西川伸一 明治大学教授の『無原則な“軟体動物” 自民党は政党なのか』に強く同感。ただ骨格は表に見えないところにシッカリとあるような気がします。一部の米国人という光に群がった蛾の大群みたいなものじゃないのかなぁ、自民党って。ウン、「エサと生殖にしか興味を示さない昆虫」みたいだよね、アイツらの言動を見ているとさ。(苦笑)

┣■特集『どアホノミクス』の中で目を惹いたのは「2015年のGDP20位・34,522ドル」という数値ですか。これ一般メディアでは完全に封印されてますよね。「2012年のGDP11位・48,622ドル」もあったんですよ。これが事実だとしたら・・・ 。タイトル命名者の浜矩子女史が鋭く説いています。

┣■『偽ニュース』に関しても少し触れられていますが、ウーン、それを加味しちゃうと何もかもが信じられなくなってしまいますよね。まさにギャンブル精神で「私はコレに信じて賭ける!」みたいな “神頼み”・盲信な者に多くがなってしまうかと。今の世はもうリセットするしかないのでしょうか ?? (悲)

┣■「震災での仮設住宅支援は期限付き」そんな話が掲載されています。『阪神・淡路大震災』から20年という期間を考えれば「長い」とも思えますが、ウン、立ち退きを迫るのであれば「長すぎた」のかもしれません。東日本大震災の時にも豪華な赤坂プリンスホテルが一時使用されたかと記憶しますが、アレは解体することが決まっていましたからね。緊急処置とはいえ、仮設とは言えない物件をあてがうのは “トラブルの元”ということが本案件から学べました。震災当時は皆懸命にやっていたとは思いますけどね。

┗■『メディア一撃』の3本が鋭い指摘をしていたと思います。タイミングがね、胡散臭い・人間味がないよね。(苦笑)

f:id:jnsk_jojo:20170210031959j:plain