週刊金曜日 2016年 10/7 号 税金&年金 これからどうなる !?

 ※紙媒体と電子書籍Kindle版があります。ご購入される際には十分ご注意下さい。

週刊金曜日 2016年 10/7 号 [雑誌]

週刊金曜日 2016年 10/7 号 [雑誌]

 

┣■『不正規滞在するスリランカ人・30名の男女を強制送還』。チャーター機を発注して3700万円:1人当たり124万円の経費が掛かったとか。内情は記事をそのまま鵜呑みにできないものの、今、不正規滞在者ってどのくらい潜んでいるのでしょうかね? 先日マンションの空き室に中国人女性が隠れていたと言いますが・・・ 。安易な外国人観光客の誘致がチラホラ問題視され始めておりますが、責任はもちろん声高に宣言していたあの殿方ですよね ?? 

┣■『中国残留孤児問題を忘れないで』。私の中学の同級生に1人、残留孤児の子息として一緒に来日した者がおりましたが、慣れない言葉に苦労していましたね。いきなり中学の勉強を日本語で学ばねばならないのですから。一応学校側も配慮してベテラン女性教員が担任のクラスに配置してはいたのだけれど、中2の暮れだかに学級問題(別の女性教師に反抗デモ)が起こってショックで退職しちゃったことがあります。私は担任よりも同級生の方を心配したのですが、クラスにそんな雰囲気はなかったですね。調子こいて“先生ごっこ”していたに過ぎないと思うんですよ、あの担任は。もう死んだかな?(爆) いい加減な引き受け体制があったことも事実だというお話です。ハイ。

┣■特集『税金&年金』は「消費税増税延期の代わりに他の税率引き上げ緩和」ですか。【財務省】は“つじつま合わせ”をするでしょうね、確かに・・・ 。「年金支給開始年齢」は、まずは「68歳」にしたいそうです。70歳はさすがに国選に影響するから値引きしたってところですかね?*スーパーか!* 他、特集としてはかなり弱い内容でした。

┣■『このままF35を配備していいのか』。米国内で欠陥機と指摘されていると言われている次期主力配備戦闘機。当初からそんな声が確かに囁かれていましたね。スラ~と五輪予算を煽っている内にすっとぼけて通そうとするからね。トランプが大統領になったら欠陥機の売り込みがやっぱり増えるのでしょう・・・ 

┣■『高齢者の56.8%が年金のみで暮らしている』。貧しい者同士が支え合うコミュニティの創造を記事は謳っておりますが、現実はなかなか厳しいようです。「女を見下している爺は孤立して集いから去って行きますか」。分かるわぁ、コレ。本当にそうですものね。今時の言葉だと『発達障害』で片付けられてしまうけど。障害ということで金をせびられても困るけどね。(苦笑) 自殺者の男女比は2対1だそうですが、男性の自殺者の過半数は孤立した高齢者になっていくのでしょうかねぇ。

┗■『情報過食症の日本人』“医師が書いたものはダメ !? ”ですか。ちょっと納得。先日、無料健康診断の結果を聞いた際にも説得力に?付いたものなぁ。「私も命を削って働いているんです」って、多忙な日本人の生活ライフを(苦笑)していたけれど、改善策に有効な手立てがなーんも出てこないんだよねぇ。数値を読み上げるだけならばAIでも出来るよね?(笑) 医師の淘汰、不足をまずAIが補っていくと思われます。ハイ。

f:id:jnsk_jojo:20161016150844j:plain