なぜ、地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか 全50項目に地図がついてよくわかる!

 

┣■この夏「アフィリエイト収入の激減」からふて腐れ(苦笑)、PSP『信長の野望:蒼天録』に手を出したらドップリと嵌まってしまっているのですが(^^ゞ、戦国シミュレーション好きには堪らない小話集となっております。マップ・地政学がモロ関係するのでホント読んでいて面白かったです。まあ戦国マニアとしては半分以上は既に見知っていたことですが、それらが非常に旨くまとまっており、戦国武将ゲームが好きな人にはお薦めできますね。

┣■Questionは『応仁の乱』から『大坂の陣』までありますので、日本の安土桃山・戦国時代をほぼ網羅しているといっていいでしょう。またドラマや映画ではサブ扱いの「諸勢力」「交易」も取り上げており、知ればより歴史の深みが増すと思います。ドラマなどでは説明が省かれて地方豪族扱いされてますけれど、戦国大名も無視できないほどの一大勢力を維持・誇っていたんですよね。それらを呑み込めるかどうかが大きく勢力分布に影響したのだと思われます。

┗■話は出だしに戻りますが、戦国シミュレーションゲームを遊びながら読むと「なるほど」と理解が深まるはずです。そういう意味では感情移入がしやすいゲームや漫画などは有益ですよね。恋愛シミュレーションなどはやったことがありませんが、エロ動画などと合わせたりしてPLAYしているのかな?(爆)(笑)

f:id:jnsk_jojo:20161009184801j:plain

f:id:jnsk_jojo:20161009184808j:plain

f:id:jnsk_jojo:20161009184817j:plain