週刊東洋経済 2016年10/15号 大学より濃い校風と人脈 高校力 公立の逆襲/誰がための労働組合/ニコ動が高校になった!

 ※紙媒体と電子書籍Kindle版があります。ご購入される際には十分ご注意下さい。

┣■今号も他との「ながら作業」でサクッと読み終えました。編集部が刷新されて2週目ですか。1週目はまだ目を通していないのですが、まずまずまともに機能しているようです。定期購読更新したばかりの者としては、ひと安心といったところです。(苦笑)

┣■【三菱電機】社長が「実力以上の高い評価では?」といった率直なコメントはなかなか良かったです。ホント、他社が勝手に廃れていった感が否めませんよね?(爆) 携帯電話も白物家電も皆コモディティ化著しく、新興国メーカーに取って代わられてしまいました。iPhoneも製造自体は【中台】ですしね。今週【セブン&アイHD】が百貨店の人員整理に着手しましたが、各家電メーカーもそろそろ自主的にやらないと【シャープ】の二の舞になるだけです。(爆) まあやり過ぎると【日立】や【パナソニック】みたいにつまらない下請け業者になるだけですけどね。(爆) 日本人皆が「先送り」ばかりして『改革』を嫌がり、ここまで落ちぶれてしまいました。今では五輪開催施設から「ウソの方便」のレッテルを貼られ、一気に別の意味で株価が急落するんじゃないかと強く懸念しております。

┣■『News最前線』の中では【米国トヨタ】が初耳でした。こういうの読みたいね。もう今の日本は【トヨタ】頼みですから。賞与が毎年30%ずつ上がっていたという話ですからね。しっかり日本全体を引っ張ってもらわないと。(苦笑)

┣■『労働組合』に関しては、日本独自の体質改善が問われていました。まさにその通りです。これは国会運営でも言えてる話です。外部・第三者目線での審議の入る余地を作らないんだもの。今の【都庁】を見ても分かるように「黒塗り書類」でごまかせるのであれば「闇資金」でも何でも作ってしまうよ。真面目な・まともそうな顔をしている輩が一番質が悪い事をしていることを世間の多くが知ることになるでありましょう。ご近所の公務員さんを既に虐めていませんか?(爆)

┣■メイン特集『高校力』は各地域の有力【公立校】を取り上げており、それなりに読めます。けれど各校の教育方針などには深く触れられていないため、単なる「合格率」統計調査的な感じも受けました。これならば【週刊エコノミスト】で毎週取り上げてる名門校・卒業生紹介の方が学校の雰囲気も分かって面白いかな? 【高校】の問題提起として今号は他の記事でも触れられており、全体を通して読まれることを強くオススメします。

┗■『ニコ動のN高校』に関しては、私個人的には単なる「資格・技術スキルを養うだけの通信制度」に思えましたね。ただ「不登校が増えている実態」に関しては的を射ており、根本的問題は今の日本の学校教育・体制が時代に合っていないために「登校する気が起きない」「虐められっ子を演じて好きなことだけをする」的な若者が増えているのではないかと感じました。

  やはりもう【ドイツ】に倣って10歳くらいで針路を真剣に考えさせ、早くに単位制を明確にして自身のスキルアップを意識させた方がいいですね。高いスキルを得る為に学校の選択もより真剣みが増し、さすれば学校自体のレベルアップ・改善も自然となるでしょう。「強力な同窓会が得られる」的にただ受け止めていると、衰退危機の日本経済と一緒になって沈んでしまいまっせ!(苦笑)

f:id:jnsk_jojo:20161009181719j:plain

f:id:jnsk_jojo:20161009181734j:plain