週刊金曜日 2016年 8/26 号 アイヌ民族/「相模原障がい施設殺傷事件」が突きつけること

 

週刊金曜日 2016年 8/26 号 [雑誌]

週刊金曜日 2016年 8/26 号 [雑誌]

 

┣■【アイヌ民族】のことをよく知らない人にお薦めしたい特集記事です! 研究として墓から掘り起こされた遺骨が80数年ぶりに返還されたことを機に、これまで【日本政府】が行ってきた侵略・同化政策が語られています。極寒の地、少数民族だったゆえに人知れずに黙殺・搾取し続けてきたのです。それは江戸時代の松前藩からだと言われてますね。日高地方、浦河町はよく訪れていたので遺骨埋葬式の写真を見てすぐに場所が分かりました。アイヌの血を引く競馬関係者も多くいるはずです。

┣■下記の書籍でもアイヌ民族に関して触れられています。なかなか面白いです。強くオススメします

天下御免〈2〉 (早坂暁コレクション)

天下御免〈2〉 (早坂暁コレクション)

 

 

┣■『相模原障害施設殺傷事件』では「被害者が匿名報道された」件でも物議を醸しています。障害者に限らず「匿名の有無」に関しては非常に曖昧で、警察官や役所職員など公人の身分ならば即実名報道に晒すべきだと思うものが匿名だったりします。加害者遺族、被害者遺族というのであれば、全て「匿名」にして「顔写真と性年齢」だけは常に公開するとか定めればいいのにと思う。「顔写真」の代わりに「マイナンバー」という代替え案もある? とにかく線引きがあまりにも曖昧すぎると私は感じています。

┣■本誌にもコラムを執筆している佐藤優氏を佐古信氏が痛烈に批判していました。(苦笑) 【創価学会】と強い結びつきがあるのかな>佐藤優氏? あの甲高い声で自身への批判に対して罵倒していたとか。ふーん、多筆家って案外懐が狭い者なのかもしれませんね・・・ 

┣■【香港】の立法会選挙(国政選挙)に触れられています。『本土派』=香港優先・反中国なのか。紛らわしいなぁ。(苦笑) これも同化政策と言えなくもないわけで、「グローバル社会」と言いつつも、「領土拡張・帝国主義・植民地的な思想」も根強くあるってことを知っておかないといけないですね。「資源争奪」も「鉱物」から「食糧」に移ったことに強い危機感を持つべきだと思いますね。【香港】【台湾】が完全に取り込まれたら大変だと思うよ。

┗■【モンゴル】では金権政治・賄賂が蔓延っているそうです。貧困格差が著しいようですからね。ゲルで都市部に暮らす貧困世帯が先日紹介されていましたね。外資による融資が盛んな国ですが、良い方向へ生かす融資でなければいけません。

f:id:jnsk_jojo:20160905150400j:plain