ジェトロセンサー 2016年 06月号 世界の車事情 生産・消費・新技術/日本企業は海外で今 ジェトロ調査から

 

┣■ある意味「タイムリーなネタ」となった『自動車』事情ですが(笑)、【三菱・日産&ルノー】連合が出荷台数で世界第3位になったところで、果たしてそのポジションでいられるのかどうか。その答えが本誌を読めば分かります(?)。(笑)

┣■予想通りに順調な所もあれば、想った以上に状況が悪化している所も確かに在り、全体の流れとしては「新技術」が世界共通認識なのかもしれません。新技術を駆使して「安価な移動手段を手に入れたい」というのが本音なのかもしれませんね。(苦笑)

┣■特別リポート『日本企業の海外進出調査』ですが、いくつかの講演に参加して拝聴したような出来映えで大変良かったと思います。【カンボジア】への進出が予想以上に進んでいる理由や、決め手となる人材の確保とその課題など考えさせられました。

┗■コラムで『CSR』企業の社会的責任を論じているわけですが、日本最大の財閥グループ【三菱】にそれが無かったこと・うわべだけの嘘つきであったという「偽装マンション」「不正燃費」「巨大客船の納期間に合わず」など企業名で名指にすれば良かったのにと、私など読み終えて思ってしまいましたけどね。新興国ではかつての日本のように庶民の教育熱が高まっています。いずれその中から優秀な企業が誕生することでしょう。アメリカの物真似で最初は「M&A」などで巧く取り込む算段も有効でしょうが、そんな他力本願などすぐに通用しなくなります。世界市民は確実に学んでいます。老人から幼児まで、ある意味「ボケ」が蔓延してしまったこの【日本】に生き残る術はまだ残っているのでしょうか??? と、辛口になるほどの危機感を世界から得られますね。ハイ。

f:id:jnsk_jojo:20160515084325j:plain