週刊金曜日 2016年 4/15号 スポーツ選手の「セカンドキャリア」を考える/現地ルポ 技術立国、情報化社会に変貌する北朝鮮

 

週刊金曜日 2016年 4/15号 [雑誌]

週刊金曜日 2016年 4/15号 [雑誌]

 

┣■散々叩き続けてきた【セブン&アイ】、業界のドンこと鈴木敏文会長(83)の突然の退陣劇に対して「問われるべきはその経営手法」だと最後まで食らいついていた姿勢はご立派! 私もコンプライアンスを意識した退陣だったように思えてなりません。「こんな過剰な負担をオーナーや従業員に課してばかりいては保たない」。これが本音では? まあどうなるかは今後すぐに明らかとなるわけだけれど・・・ 

┣■【トヨタ】系列で「SEX強要・就活パラハラ訴訟」? 「天下のトヨタ相手に裁判沙汰で勝てると思うの?」とまで言ったとか書いてあるけど。確かに国内で起こった不手際(F1観戦の観客誘導の不備)は見事なまでに報道規制を張っていたけどね。SNSなどで拡散されて大幅イメージダウンしたはずだけど・・・ 懲りてないのね。(苦笑)

┣■『5月1日は「自由と生存のメーデー」』か。オヤジの命日なんだけど。(^^ゞ

┣■特集『スポーツ選手の「セカンドキャリア」』は相次ぐ不祥事で「無期限出場停止」などが叫ばれ続ける中(笑)、一般社会人も含めて「次への道」は考えておかないといけないと思う。日本では安易に「補助」を手厚くすることばかり叫ばれているけれど、実際には全員等しく受けられるわけでもなくて、「早い者勝ち」とか「随分遅くなってから」というように不平等の温床だったりするんだよね。ここは割り切って、「好きな仕事」ともう1つ・2つ「できる仕事」を意識させるような指導が国として求められているんだと私は考えます。それが余分の費用も生まず、また庶民も路頭に迷う不安を少しでも解消できるはずだから。「諦めないで」by.真矢みき。(笑)

┣■またスッカリと忘れ去られようとしている【諫早湾】問題が取り上げられています。開門【漁業】vs. 維持【農業】のどちらに転んでも保証金を支払わなければならないという実にマヌケな構図に陥ってしまっている。誰がそのような事態を容認したのか? そして誰もその責任を取ろうとしない。いい加減にしろよ!とホント、喉元に噛みつきたくなります。(激怒)

┣■『核と被ばくをなくす世界社会フォーラム2016』の模様がリポートされています。一読するべきでしょう。

┣■『技術立国、情報化社会に変貌する北朝鮮』。貧しくとも教育を受けてれば、機会さえあれば国は飛躍的に伸びていくことは、我々【日本】も含めて【韓国】【台湾】【中国】と明白です。【北朝鮮】には生活水準がまだ低いゆえに「教育水準は相当に高い」ことが数々のメディアを拝見して伺い知れます。「豊かさが堕落を生み出す」ことは政治家の子息を見れば明らかでしょう。(苦笑) 【警察】も正義を掲げるのであれば踏み込めよ!(怒) *負け犬* 「警察の言うことは聞いておけ」?エッ ?? (苦笑)

┣■『冤罪を防がない監視カメラ』『ユートピアと土地、領土化とその実験』など今号はネタが目白押しですね。簡単に感想書いて済ませるつもりだったのになぁ。(^^ゞ

┗■無職で無ければ定期購読してたでしょう。御免ね、今は支援できなくて。

f:id:jnsk_jojo:20160424015552j:plain