知の教科書 フランクル

 

知の教科書 フランクル (講談社選書メチエ)

知の教科書 フランクル (講談社選書メチエ)

 

┣■「ガツンと掴んで離さない」強烈な作品『夜と霧』ですが、本当に心に響くようになるのは中高年になってから? また冒頭で「人は、人生で三度、フランクルを読む」と掲げてありますが、うーん、人ぞれぞれに感じ方が違うのか、ちょっと私の考えとは違った見解でしたね。やっぱり『教科書』類いの解説ってダメかもしんない。(苦笑)

夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録

夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録

 
NHK「100分de名著」ブックス フランクル 夜と霧

NHK「100分de名著」ブックス フランクル 夜と霧

 

 

┗■本書を読まずに原書夜と霧』を度々読むことをオススメします。人に教えられて心中するもんじゃないですからね。ウン、特にこの『夜と霧』の場合は、何度も読み返してから他人の見解と比べるべきでしょうね。私も再度チャレンジしてみたいと思います。(^^ゞ

f:id:jnsk_jojo:20160314230954j:plain

f:id:jnsk_jojo:20160314231211j:plain