週刊金曜日 2016年 4/8号 裁判で原発を止める/アベノミクスを正し、安心できる社会をつくる 他

 

週刊金曜日 2016年 4/8号 [雑誌]

週刊金曜日 2016年 4/8号 [雑誌]

 

┣■『南相馬・非難基準撤回訴訟』とは何事かと読んでみれば「若い人は帰ってこない」といった苦痛の思いからだと知る。「子供や孫が一緒に住めない・年間5ミリシーベルトを超える場所が半分を占める」。国が定める基準とは一体何なのだろう。そんな思いはきっと・いずれ貴方の側にも訪れることでしょう。このままの国の体制ではね。(怒)

┣■コラム『風速計』の見出しが最近になって目を留める機会が多くなった。『現代の危機を知ろう』ですか。確かに一個人的な利害関係は過剰に意識しているけれど、総体的な危機感って「他人任せ」にしてますよね。「自分の立場じゃどうしようもできないから」と一部の・権力に貪っている輩を野放しにしていると、勝手に法案・勝手に増税・勝手にバラマキ・勝手に脱税・租税されちゃうわけです。噛みつこう!

┣■特集の1つは【民進党岡田克也代表へのインタビューなどなのですが、この人口論は立つのかもしれないけれど、人望に著しく乏しいんだよなぁ。与党の大失態で仮に前回のように権力奪還できたとしても、国民の多くは醒めた目で今のままでは付いていかないと思う。だって一度もまともな「エネルギッシュな行動」を見たことがないんだもの。担ぐ神輿がいい加減なお祭りで、多くの観衆が集まっているでしょうか?(悲)

┣■『裁判で原発を止める』は偶然にも出版後に起こった『熊本地震』2016年4月14日によって、強い世論の後押しを得られたと思う。【川内原発】では未だに稼働を続けていますが、【伊方原発】はどうあがいても廃炉の道しかないでしょう。あんなに地元住民に避難訓練をさせておいてね。このような様になった責任を誰が取るのだろうか ?? 面倒臭いからこの点を付いて、衆参同時選挙を野党側から訴えれば大逆転劇もありそうだけど・・・ ? 与野党共に「俺が責任を持つ!」って者がいないからなぁ。安倍総理憲法改正の時だけ率先して自ら立つけど、経済は完全にお任せだもの。あんなに「経済第一!」だと連呼し時ながらさ、カッコ悪すぎない?

┣■フランスで『労働法改正に非難集中、全国デモ』ですか。これも日本のメディアでは報じられていない出来事ですね。『【台湾】で幼児を斬首』? うわー、ひでぇ事件が起こっていたんだなぁ。もう限界なのかな、世界的に見渡しても。(悲)

┣■『医療観察法の闇を問え』というこちらも初耳となる言葉に、思わず目を留めてしまいました。ハンセン病患者らが、つい平成8年まで著しい差別・隔離行為をされていたことが明らかになりましたが、まだまだ『隔離』社会は健在のようです。「少しでも疑いがあれば隔離せよ!」という号令でも掛かっているような・・・ 。政治家や官僚は不祥事がバレても特別施設に隔離しないのにね。こちらの方が社会と断絶させるべきのように私には思えてしまうのだけれども。

┣■『沖縄からフクシマに運ばれた猛毒PCB処理事業』という、これまた怪しい記事が掲載されています。癌発事故に遭った土地の有効活用として国が考えるのは所詮はその程度のものなのか? 官製談合疑惑。 「政治家は国民全体を考えて、敢えて苦渋の決断をしなければならない」という言葉は美しくも聞こえますが、黙って無策のままでは困るわけです。福島出身の議員は手を挙げていないんでしょ? 挙げた?「フクシマで引き受けます」って?

┣■こうしてメモすることが増えてきました。社会が乱れている証拠でしょうか ?? (汗)

f:id:jnsk_jojo:20160417175051j:plain