テロリストの息子

 ※紙媒体と電子書籍Kindle版があります。ご購入される際には十分ご注意下さい。

テロリストの息子 (TEDブックス)

テロリストの息子 (TEDブックス)

 

憎しみの中に育っても、「選択」することはできる。

ジハードを唱えるようになった父親が殺人を犯したとき、その息子はまだ7歳だった。
1993年、投獄中の父はNY世界貿易センターの爆破に手を染める。家族を襲う、迫害と差別と分裂の危機。
しかし、狂気と憎悪が連鎖するテロリズムの道を、彼は選ばなかった。
共感と平和と非暴力の道を自ら選択した、テロリストの息子の実話。
ヤングアダルト読者に特に訴える一般書に贈られる全米図書館協会アレックス賞受賞。
訳者は『ヒップな生活革命』の佐久間裕美子。

Small books, big ideas. 未来のビジョンを語る。
人気のTEDトークをもとにした「TEDブックス」シリーズ日本版、創刊!!

「僕はこれまでの人生を、何が父をテロリズムに惹きつけたのかを理解しようとすることに費やしてきた。
そして、自分の体の中に父と同じ血が流れているという事実と格闘してきた。僕が自分のストーリーを語るのは、
希望を与えるような、誰かのためになるようなことをしたいからだ。それは狂信の炎の中で育てられながらも、
代わりに非暴力を受け入れた若者の姿を見せること。自分を崇高な人物として描くことはできないけれど、
僕ら一人ひとりの人生にはテーマがあって、僕の場合はこれまでのところ、たとえば、こんなところだ。
誰にだって選択する権利がある。憎むことを教え込まれても、寛容な生き方を選択することはできる。
共感の道を選ぶことはできるのだ」(本書より)

 

f:id:jnsk_jojo:20160210233639j:plain